Camera SHOULDER
5be12b4c5f78667dbf00010c 5be12b4c5f78667dbf00010c 5be12b4c5f78667dbf00010c 5be12b4c5f78667dbf00010c 5be12b4c5f78667dbf00010c 5be12b4c5f78667dbf00010c 5be12b4c5f78667dbf00010c 5be12b4c5f78667dbf00010c 5be12b4c5f78667dbf00010c 5be12b4c5f78667dbf00010c 5be12b4c5f78667dbf00010c 5be12b4c5f78667dbf00010c 5be12b4c5f78667dbf00010c

Camera SHOULDER

12,800 JPY

Free Shipping Over 40,000 JPY

About shipping cost

  • Cloud Gray

  • Moss Green

[Camera SHOULDER] 色 cloud gray moss green 素材 表:2.92oz/yd Dyneema Composite Fabric Hybrid (通称ハイブリッドキューベン) 裏地:1.43oz/yd Dyneema Composite Fabric (通称キューベンファイバー) サイズ H22.5cm W23cm D3~5cm 重量 98g カメラと一口に言ってもデザインサイズは多種多様 そのどれにも合わせることも考えましたが 僕らのブランドはシンプルで軽さに特化した アイテムを目指しており 山へ持って行くカメラとして コンパクトかつ高性能なカメラ メインをミラーレス一眼とすることにしました ただしサイズは 僕のメイン機種の中判フィルムカメラ makina67に合わせました なんでフィルムカメラなんだよ! そう突っ込みたくなるのは承知の上 だけどこのサイズ意外と色々なカメラが入るのです 実際は多少の出し入れのしづらさはあると思いますが なんでもかんでも撮るのではなく 気になる被写体を厳選して撮る方であれば そこは持ち運びの利点として捉えてもらえるのではないかと思います そして詳細 バッグの開閉方法として3つの使い方を選べます ①巾着②ロールトップ③巾着&ロールトップ まずは①巾着 この方法に行き着くまでにファスナーや ロールトップ単体など試してみましたが ファスナーでは口元の形状が決まってしまい 広がりにくく手を入れにくい ロールトップだと開閉が面倒 スムーズに出し入れできる方法が巾着でした それに巾着の見た目が可愛らしいところも 好きなポイントでもあります ただ巾着のデメリットは絞った際に 生地のたわみで口元が完全に塞がれません これでは雨やチリの侵入が防げません そこでロールトップを 内側の蓋の役目としてつけることにしました (写真8枚目、9枚目) この仕様にすることで巾着では防げない雨やチリの 侵入を抑えることができます このカメラショルダーはシーム処理を してはいないので完全防水ではないのですが 縫い目を少なくし 縫い目から雨が入りにくい方法にしています 仮に水が侵入したとしても下から抜けるので 内部に貯まることはありません 一応僕が試した範囲では雨の侵入はありませんでした これに水が入り込むほどの強い雨でしたら カメラを使うこともないでしょう 普段の使い方でロールトップを毎回しているのは とても面倒なので普段は内側に落とし込んで使うことをお勧めします(5枚目の写真) ロールトップのサイズを巾着より少し大きくすることで 巾着を巻き込んで一発で止めることも可能です(3枚目の写真) カメラバッグですからもちろんクッション性を備えてます カメラを守ることはもちろん 重たいカメラが体にあたり地味に痛いのも防いでくれます 表のDyneema Composite Fabricに 2mm厚のEVAを接着しています このスポンジのおかげで休憩の際気にせず カメラを岩の上へ置けたりもします そして同じくカメラを守る機能が このカメラショルダーのポイントでもあります 底を立体的な形状にすることで膨らみはもちろん底鋲のような 機能にもなっています(11枚目の写真) 僕のものづくりの考え方にもつながりますが すでにあるものにネームタグをつけても意味がない 一から新しいものを作るなんて天才じゃないから無理だけど やるからには過去のもの、既存のモノを超えないと意味がない 調節機能はショルダー側ではなく 本体に付けています これは何度も試す中で決めたのですが 重いカメラを入れたままサイズ調整するには ショルダー側につけてしまうと調整がしにくく パーツが体に食い込んだり手が届きずらかっったりしたのです そこで本体に付けてみたところ 調整がとても楽になり バランスもよくなりました (10枚目の写真) 強度的なことも考え当初はナイロンテープを使うことも考えましたが バックルではなくラインロックの方が 圧倒的に調節が楽ですし軽さも出ます きちんと縫い付ける事で強度面はクリアできますので 一般的な量産品は生産性と不安要素をなくすため 安全かつ簡単な方法を優先しますが こういうチャレンジをすることが 僕らの様な小さなブランドの面白さでも あるではないかと思っています おまけの小袋が付属します フィルムを入れたり予備のバッテリー レンズキャップ入れに使ってください (写真13枚目) 今回あえてショルダーの裏をメッシュにしていません メッシュにすることで汗対策などにもなりますが 長時間使い続けるとメッシュの荒さが 肌と擦れて赤くなってしまうので ハイブリッドキューベンを使用しています そうすることで長時間使用しても肌が痛くなりにくいです もちろんショルダーには5mm厚のEVAを入れ 幅広にすることで肩への負担を軽減させています 最後に一言 これはサコッシュではありません! それにサコッシュや普通のショルダーバッグとしては 使いにくいのでお勧めしません! カメラ用ショルダーバッグなのです 僕と同じ悩みを持ち続けた 全ての写真好きの皆さんへ 少しでも役に立つことができればと思い このカメラショルダーを製品化しました。